KHV対策 « 全日本錦鯉振興会 新潟地区

  • 小
  • 中
  • 大

‘KHV対策’ カテゴリーのアーカイブ

Report of KHV incidence in Niigata region (2018)

2019 年 1 月 16 日 水曜日

2019/1/11

All Japan Nishikigoi Promotion Association Niigata Region

Mitsunori Isa

 

Report of KHV incidence in Niigata region (2018)

 

First of all, thank you very much for your cooperation and understanding of our activities.

We have been working with the governor’s guidance on preventing the occurrence of widespread disease in the Niigata region. In spite of our efforts, KHV was detected at some breeders in 2018 that unfortunately were shipped. On behalf of all Niigata breeders, we deeply apologize for any inconvenience this has caused you.

We would like to share the information of each breeder’s KHV situation. The information will be updated from time to time, so please keep checking the status.

*May 14th – Updated status of Marujyu Koi Farm
*May 9th – Updated status of Marujyu Koi Farm
*Apr 25th – Updated status of Hoshikin Koi Farm
*Apr 18th – Updated status of N.N.B.C. and Marujyu Koi Farm
*Apr 12th – Updated status of Hoshikin Koi Farm
*Jan 24th – Updated status of Hoshikin Koi Farm
*Feb 27th – Updated status of Hoshikin Koi Farm and Marujyu Koi Farm

 

Tazawa Koi Farm (Uonuma City)

June – Received positive KHV result (Inspected by Kento Food and Environment Analysis Center)

-> Shipping suspension

To prevent spread of KHV, euthanized all Koi which possibly infected.

August – Confirmed positive KHV result (Inspected by National Research Institute of Aquaculture)

-> Instruction of no movement of Koi

All Koi in mud-pond was negative result (Inspected by Niigata Prefectural Inland Water Fisheries Experiment Station)

Mr. Tazawa is elderly so he will euthanize all his Koi and close his farm.

 

N.N.B.C. (Nagaoka City)

Nov 25th – Received positive KHV result (Inspected by Kento Food and Environment Analysis Center)

-> Shipping suspension

Nov 28th – Confirmed positive KHV result (Inspected by National Research Institute of Aquaculture)

-> Instruction of no movement for all green house koi

(KHV positive result was found in green house pond)

Nov 30th – Euthanized and sterilized

In his green house, some ponds are positive and others are negative. However, to prevent spreading KHV, all Koi in the same green house were euthanized. Sterilization of affected green house has been completed.

His other facility’s ponds were found to be negative. As precaution, those ponds are being heated to bring up the temperature and will be tested again shortly.

Keep instruction of no movement of Koi.

Jan 15th – Submit specimen to Niigata Prefectural Inland Water Fisheries Experiment Station

-> Submitted fishes which were kept in heated ponds since December.

Jan 16th – Confirmed negative KHV result

-> Received negative result which was submitted in Jan 15th. However, following the governor’s instruction, the facility will still be kept under observation with continued heating. The farm will have another inspection again.

Keep instruction of no movement of Koi.

Apr 5th – Permitted movement of Koi within Japan domestic only (By Niigata Fisheries Department)

 

Hoshikin Koi Farm (Ojiya City)

Dec 14th – Received positive KHV result (Inspected by Niigata Prefectural Inland Water Fisheries Experiment Station)

-> 1 out of 6 green houses(*1), of which 1 pond out of 10 ponds was positive result.

Shipping suspended. Remaining 5 green houses(*2) were negative.

Dec 17th – Confirmed positive KHV result (Inspected by National Research Institute of Aquaculture)

-> Instruction of no movement for all green house Koi

Dec 19th – 9 out of 10 ponds were negative

-> Keep suspension of shipping.

Dec 27th – Euthanized and sterilized

-> Following the governor’s instruction, euthanized all koi in the entire green house which got positive result. Also sterilizing green house has been completed.

The remaining other 5 green houses(*2) which were negative are being heated to bring the ponds’ water temperature up and are now under observation. The farm will have another inspection shortly.

Keep instruction of no movement of Koi.

Jan 15th – Confirmed negative KHV result (Inspected by Niigata Prefectural Inland Water Fisheries Experiment Station)

-> 3 out of 5 green houses, which were under observation and being heated to bring up the temperature received negative result.

Remaining 2 green houses will still be kept under observation with continued heating and will have an inspection shortly.

 Keep instruction of no movement of Koi.

 

*1 : Changed 5 green houses to 6 green houses (Jan 24th)

*2 : Changed 4 green houses to 5 green houses (Jan 24th)

 

Feb 1st – Confirmed positive KHV result (Inspected by Niigata Prefectural Inland Water Fisheries Experiment Station)

->1 out of 2 green houses which were under observation and being heated to bring up the temperature received positive result. 2nd koi house tested negative.

Feb 4th – Euthanized and sterilized

-> Following the governor’s instruction, all koi have been euthanized in the positive green house and the facility has been sterilized.

Keep instruction of no movement of Koi.

Apr 5th – Permitted movement of Koi within Japan domestic only (By Niigata Fisheries Department)

Apr 25th – Permitted movement of Koi to overseas (By Niigata Fisheries Department)

-> All koi testing has been completed with confirmed negative results for KHV.  Hoshikin Koi Farm has been given clearance by the Niigata Fisheries Department to resume sales and shipment of koi to both domestic and overseas markets.

*This closes the KHV incident at Hoshikin Koi Farm.

 

Yamacho Koi Farm (Nagaoka City)

Dec 17th – Received positive KHV result (Inspected by Niigata Prefectural Inland Water Fisheries Experiment Station)

-> 1 out of 3 green houses was positive result.

Shipping suspended.

Dec 19th – Confirmed positive KHV result (Inspected by National Research Institute of Aquaculture)

-> Instruction of no movement for all green house Koi

Dec 20th – Euthanized and sterilized

-> There was a movement of Koi in each of his green houses, following the governor’s instruction, euthanized all koi in the 3 green houses. Also sterilizing green house is completed.

 

Marujyu Koi Farm (Nagaoka City)

Feb 15th – Received positive KHV result (Inspected by Kento Food and Environment Analysis Center)

-> Inspected fishes from 6 green houses with 3 being positive.
#1 house – 1 out of 6 ponds was positive
#2 house – 1 out of 3 ponds was positive
#3 house – 2 ponds (Same filtration) were positive
Shipping suspension

Feb 20th – Confirmed positive KHV result (Inspected by National Research Institute of Aquaculture)

->Instruction of no movement of Koi for all green houses.

Feb 22nd – Euthanized and sterilized (1st)

-> Following the governor’s instruction, euthanized 3 out of 6 green houses which tested positive. Sterilization of green houses has been completed.

Feb 26th – Euthanized and sterilized (2nd)

->Euthanized additional 2 green houses which were negative in testing by their own decision as there was movement from pond to pond recently. Only Tosai koi house remains unaffected.

Keep instruction of no movement of Koi.

 

*Tosai condition

Tosai have had two KHV inspections and both results were negative. Tosai will continue to be kept in heated ponds to bring up the water temperature, inducing proper stress conditions for testing.  Following this step, Marujyu will have an additional inspection.

 

Apr 4th – Start inspection of Koi in mudpond

->Under Niigata Prefectural Inland Water Fisheries Experiment Station’s instruction, started inspection of Koi which kept in mudpond over the winter.

Still keep instruction of no movement of Koi.

May 9th – Finished inspection of Koi in mudpond

 -> The inspection of koi kept over winter in their mud ponds has been completed. Testing started on April 4th under the supervision of the Niigata Prefectural Inland Water Fisheries Experiment Station with all koi confirmed negative.

No koi movement at the farm until further notice.

May14th – Permitted movement of Koi within Japan domestic only (By Niigata Fisheries Department)

 

To offer healthy koi to our customers and hobbyists, all Niigata breeders are committed to enact a stricter inspection system and protocol to ensure health and safety of Nishikigoi. To achieve our goal, we are forming the ‘Nishikigoi Guideline Committee’ that will formalize the protocols in preventing spread of fisheries diseases. Thank you for your understanding as we work to ensure Nishikigoi’s future.

2018年新潟地区におけるKHV発生の経過と現状報告

2019 年 1 月 11 日 金曜日

関係各位

2019年1月11日
全日本錦鯉振興会新潟地区
地区長 伊佐 光徳

2018年新潟地区におけるKHV発生の経過と現状報告

 

日頃から全日本錦鯉振興会新潟地区の活動にご理解とご協力を賜り、心より感謝申し上げます。

新潟地区はこれまで、行政からの指導のもと錦鯉の防疫対策において万全を期しておりました。しかしこの度、残念ながら一部の生産者よりKHVが発生してしまいました。この件に関しまして関係各位には多大なご迷惑とご心配をお掛け致しました事、新潟地区を代表して心よりお詫び申し上げます。

以下、KHV発生から現在までの発生業者の経過を個別にご報告させていただきます。

今後随時この書面にて最新の情報を発表させていただきますので、ご確認ください。

 

※5/14 丸重養鯉場について詳細を追加しました。

※5/9 丸重養鯉場について詳細を追加しました。

※4/25 星金養鯉場について詳細を追加しました。

※4/18 N.N.B.Cと丸重養鯉場について詳細を追加しました。

※4/12 星金養鯉場について詳細を追加しました。

※2/27 丸重養鯉場について詳細を追加しました。

※2/21 星金養鯉場と丸重養鯉場について追記しました。

※1/24 N.N.B.Cと星金養鯉場について経過を追記しました。

 

KHV発生業者 田沢養鯉場(魚沼市)

経過報告

6月 KHV一次陽性の報告 (検査機関:(株)県都食品環境分析センター)

出荷を自主停止。
蔓延防止の観点から感染の可能性がある錦鯉を殺処分。

 

8月 KHV陽性確定 (検査機関:(国研)増養殖研究所)

錦鯉移動停止命令。
野池の錦鯉については、新潟県内水面水産試験場の検査にて陰性が確認された。
田沢氏は高齢の為、今後すべての錦鯉を殺処分ののち廃業する予定。

 

KHV発生業者 N.N.B.C.(長岡市)

経過報告

11/25 KHV一次陽性の報告 (検査機関:(株)県都食品環境分析センター)

直ちに出荷を自主停止。

 

11/28 KHV陽性確定の報告 (検査機関:(国研)増養殖研究所)

ビニールハウス池のみの検査で陽性確定。
全ハウス錦鯉移動停止命令。

 

11/30 殺処分・消毒作業

ビニールハウスでは陽性反応の池及び陰性反応の池が共に確認されたが、行政指導のもと蔓延防止のため同ハウスの全錦鯉を殺処分。ビニールハウスの消毒作業を完了。
隣接する施設および管理池は陰性報告を受けたため、加温し経過観察中。後日再検査を受ける予定。
錦鯉の移動停止は継続中。

 

1/15 検査機関に検体を提出 (検査機関:新潟県内水面水産試験場)

加温し経過観察中だった隣接する施設および管理池の鯉を試験場に提出。

 

1/16 KHV陰性の報告

1/15に提出した鯉は検査の結果陰性が確認された。
ただし引き続き行政指導のもと加温し経過観察を行う。後日再 検査を受ける予定。
錦鯉の移動停止は継続中。

 

4/5  国内のみ移動許可 (通知機関:新潟県水産課)

国内のみ移動許可が通知された。

 

KHV発生業者 星金養鯉場(小千谷市)

経過報告
12/14 KHV一次陽性の報告 (検査機関:新潟県内水面水産試験場)

ハウス6棟(※1)のうち1棟、当該ハウス内10池のうち1池からのみ陽性反応の報告。直ちに出荷を自主停止。

 

12/17 KHV陽性確定 (検査機関:(国研)増養殖研究所)

全ハウス錦鯉移動停止命令。
ハウス6棟(※1)中1棟1池からのみ陽性確定。残るハウス5棟(※2)はすべて陰性結果が報告された。

 

12/19 10池中9池について陰性反応の報告 (検査機関:新潟県内水面水産試験場)

ただし出荷自主停止は継続中。

 

12/27 殺処分・消毒作業

KHV発生の1棟のみ行政指導のもと蔓延防止のため殺処分。同ハウスの消毒作業を完了。
陰性結果の出た残りの5棟(※2)については、行政指導のもと加温し経過観察中。後日再検査の予定。
錦鯉の移動停止は継続中。

 

1/15  KHV陰性の報告 (検査機関:新潟県内水面水産試験場)

加温し経過観察中だった5棟中3棟の鯉は試験場にて陰性が確認された。
残りの2棟は引き続き行政指導のもと加温し経過観察を行う。後日再検査を受ける予定。
錦鯉の移動停止は継続中。

 

(※1) 1/24 5棟から6棟に修正
(※2) 1/24 4棟から5棟に修正

 

2/1  KHV陽性の報告 (検査機関:新潟県内水面水産試験場)

加温し経過観察中だったハウス2棟のうち1棟は陽性が報告され、もう片方の1棟は陰性が報告された。

 

2/14 殺処分・消毒作業

KHV陽性が確認されたハウス1棟を行政指導のもと蔓延防止のため殺処分。同ハウスの消毒作業を完了。
錦鯉の移動停止は継続中。

 

4/5  国内のみ移動許可 (通知機関:新潟県水産課)

国内のみ移動許可が通知された。

 

4/25  海外への移動許可 (通知機関:新潟県水産課)

海外への移動許可が通知された。

 

※ 星金養鯉場はすべての鯉について陰性が確認されたので対応完了とします。

 

KHV発生業者 山長養鯉場(長岡市)

経過報告

12/17 KHV一次陽性の報告 (検査機関:新潟県内水面水産試験場)

ハウス3棟中1棟から陽性反応報告。直ちに出荷を自主停止。

 

12/19 KHV陽性確定 (検査機関:(国研)増養殖研究所)

全ハウス錦鯉移動停止命令。

 

12/20 殺処分・消毒作業

3棟のハウスそれぞれに錦鯉の移動があったので、全棟全鯉を行政指導のもと蔓延防止のため殺処分。同ハウスの消毒作業を完了。

 

KHV発生業者 丸重養鯉場(長岡市)

経過報告

2/15 KHV一次陽性の報告 (検査機関:(株)県都食品環境分析センター)

6ハウス全ての池から検体をサンプリングし3ハウスから陽性を確認。
うち①ハウスは6池中1池から陽性を確認。
うち②ハウスは3池中1池から陽性を確認。
うち③ハウスは2池(1水域)から陽性を確認。
直ちに出荷を自主停止。

 

2/20 一次検査で陽性が確認された検体からKHV陽性確定 (検査機関:(国研)増養殖研究所)

全ハウス錦鯉移動停止命令。

 

2/22 殺処分・消毒作業

一次検査で陰性だったハウス及び池(当歳魚以外)2ハウスも移動履歴などから自主判断により殺処分を決定。6ハウス中3ハウス(①②③)を行政指導のもと蔓延防止のため殺処分。
同ハウスの消毒を完了。

 

2/26 殺処分・消毒作業 2回目

自主判断により処分を決定したハウスを行政指導のもと殺処分。同ハウスの消毒を完了。現在、当歳魚のみが健在。
錦鯉の移動停止は継続中。

 

※現状の当歳魚

一次検査含め行政指導のもと2度検査を実施したが2度とも陰性報告を受けた。
今後も加温やストレスを与えるなどをして検査を重ねていく予定。

 

4/4 野池の鯉の検査を開始

内水面水産試験場の監視・指導のもと、野池にて越冬していた鯉の検査を開始。
錦鯉の移動停止は継続中。

 

5/8 野池の鯉の検査終了

内水面水産試験場の指導のもと、4月4日より行っていた野池等での越冬分の検査が終了。全て陰性を確認。

錦鯉の移動停止は継続中。

 

5/14  国内のみ移動許可 (通知機関:新潟県水産課)

国内のみ移動許可が通知された。

 


 

新潟地区生産者一同は、今後の取り組みとして更に厳しい自主的なKHVの検査体制を整えると共に、錦鯉ガイドライン魚病対策委員会を立ち上げ監督官庁の指導のもと防疫体制を一層強化し、安心・安全な錦鯉をお客様に提供いたします。

 

新潟県輸出錦鯉衛生証明書発行ガイドライン

2013 年 9 月 13 日 金曜日

1.目的

  • 1.1 本要領は、農林水産消費・安全局衛生管理課魚類安全室(以下「魚類安全室」という。)が示した輸出錦鯉衛生証明書発行ガイドラインに基づき、新潟県から輸出される錦鯉について、コイ春ウイルス症及びコイヘルペスウイルス症についての衛生証明書発行の手続きなどを定めるものである。

2.用語の定義

  • 2.1 リスト登載養殖場:外国に錦鯉を輸出する養殖場又はその養殖場に錦鯉を供給する養殖場であって、魚類安全室が作成したリストに登録された養殖場をいう。
  • 2.2 錦鯉搬送票:リスト登載養殖場間で錦鯉の移動を行う際に所要事項を記入し添付する証票のことおいう。
  • 2.3 指定団体:輸出錦鯉衛生証明書発行ガイドラインに定められた県内の指定団体は、全日本錦鯉振興会新潟地区とする。

3.リスト登載養殖場

  • 3.1 養殖場のリストへの登載
    リスト登載を希望する錦鯉養殖業者は、養殖場ごとに、指定団体を経由、又は直接、新潟県農林水産部水産課(以下「水産課」という。)に、以下の書類を提出する。
    (1) リスト登載申請書
    (2) 錦鯉検査結果総括票
    (3) 6ヶ月以内の検査結果(写し)
    (4) 輸出錦鯉飼育施設概要書
    水産課は、3.3の基準に合致すると認めるときは、その旨申請者に連絡するとともに、魚類安全室にリスト登載連絡書を送付する。
  • 3.2 水産課は、魚類安全室が作成又は更新したリストをできるだけ速やかに指定団体などに配布する。
  • 3.3 リスト登載基準
    • 3.3.1 リストに登載する養殖場は、過去2年間、コイ春ウイルス血症及びコイヘルペスウイルス病の感染コイが確認されていないこと。
    • 3.3.2 4に定められた事項を遵守すること、又はそのことについての誓約書が添付されていること。
  • 3.4 リストからの抹消
    • 3.4.1 リスト登載養殖場において、コイ春ウイルス血症又はコイヘルペスウイルス病の感染コイが確認されたときは、リストから抹消する。
    • 3.4.2 3.4.1のほか、リスト登載養殖場が4に定める事項を遵守していないと水産課又は魚類安全室が認める場合は、リストから抹消する。

4.リスト登載養殖場の遵守すべき事項

  • 4.1 リスト登載養殖場は、国内から錦鯉を導入する場合は、他のリスト登載養殖場以外からの導入は行わない。
     ただし、導入元の同一群において、臨床的な異常がなく、コイ春ウイルス血症及びコイヘルペスウイルス病のウイルス検査の結果が陰性であることについて、指定団体又は、必要に応じて新潟県内水面水産試験場(以下「内水面水産試験場」という。)の証明のあるものについは、リスト登載養殖場以外からの導入が認められる。
  • 4.2 リスト登載養殖場が海外から錦鯉を導入する場合は、農林水産大臣の輸入許可を受け、輸入後、完全に隔離された施設においてコイヘルペスウイルス病の発病可能水温で3週間飼育され異常がなく、かつ、国内におけるコイ春ウイルス血症及びコイヘルペスウイルス病のウイルス検査の結果が陰性であることについて、指定団体又は必要に応じて内水面水産試験場の証明(別紙様式7)のあるものに限り、認められる。
  • 4.3 リスト登載養殖場は、5.1の検査を毎年2回受け、その検査結果(別紙様式2)について写しを速やかに水産課に提出するとともに、最低3年間保管しなければならない。
  • 4.4 リスト登載養殖場は、疾病の予防のため、用水、施設内への立ち入り等の管理に十分な注意を払うとともに、飼育している錦鯉に異常な疾病又は大量死が発生した場合は、直ちに水産課又は内水面水産試験場に連絡しなければならない。
  • 4.5 リスト登載養殖場は、他のリスト登載養殖場から錦鯉を導入するときは、導入元の養殖場から錦鯉搬送票(別紙様式8)を受領するものとする。導入元及び導入したリスト登載養殖場は、該当搬送票を最低3年間保管しなければならない。
  • 4.6 リスト登載養殖場は、錦鯉の飼育状況、導入状況及び検査結果について記録簿を備えるものとし、最低3年間保管しなければならない。

5.検査

  • 5.1 リスト登載養殖場者は、年2回、約6ヶ月毎に水温がコイ春ウイルス血症及びコイヘルペスウイルス病を確認するにあたり適する時期に検査を実施する。検査はコイ春ウイルス血症及びコイヘルペスウイルス病について、5.1.1に定める方法によりサンプリングした検査魚によるウイルス検査、臨床症状の観察及びリスト登載養殖場の遵守すべき事項の確認により行う。
     なお、臨床症状の観察は、指定団体が行い、リスト登載養殖場の遵守すべき事項の確認は、指定団体又は必要に応じて水産課若しくは内水面水産試験場が行う。
    • 5.1.1 コイ春ウイルス血症及びコイヘルペスウイルス病の検査魚のサンプリング方法は別紙に定めるとおりとする。
    • 5.1.2 臨床症状の観察を行う場合は、外観上、異常を示す個体がいないことを確認する。
    • 5.1.3 リスト登載養殖場の遵守すべき事項の確認は、4の各項目の確認を行う。
  • 5.2 ウイルス検査は、社団法人日本水資源保護協会、又は水産課が認めた検査機関にて行う。なお、陽性の場合は、独立行政法人水産総合研究センター養殖研究所が確定診断を行う。

6.証明

  • 6.1 リスト登載養殖場又はリスト登載養殖場由来の錦鯉を扱う輸出業者が、錦鯉を輸出するときに、コイ春ウイルス血症及びコイヘルペスウイルス病についての衛生証明書の発行を求める場合は以下の書類を内水面水産試験場に提出する。
    《必ず提出するもの》
    (1) 輸出錦鯉衛生証明書発行申請書(別紙様式9)
    (2) 輸出錦鯉生産証明書(別紙様式10)又は錦鯉搬送票(別紙様式8)
    (3) 指定団体の臨床症状観察証明書(別紙様式11)
    (4) 錦鯉検査結果総括表(別紙様式2)
    (5) 6ヶ月以内の検査結果(写し)
    《必要に応じて提出するもの》
    (6) リスト登載養殖場以外からの錦鯉の導入に関する証明書(別紙様式7)
  • 6.2 内水面水産試験場は、当該申請が以下のすべてに該当するときは衛生証明書を発行する。
    (1) 輸出される錦鯉がリスト登載養殖場由来であることが、申請書及び添付書類により確認できるものであること。
    (2) 輸出される錦鯉が、コイ春ウイルス血症及びコイヘルペスウイルス病について感染していないこと。
    (3) 輸出される錦鯉が、申請時に、臨床的に異常が認められないこと。
    (4) 輸出される錦鯉が、輸出先国が規定した条件に合致していること。
  • 6.3 衛生証明書の様式は、輸出先国が定めた様式による。ただし、内水面水産試験場が用いる様式が輸出先国に認められる場合は、この限りでない。
     なお、輸出先国の衛生証明書については、必要に応じて申請者が翻訳を用意する。
  • 6.4 水産課又は内水面水産試験場は、このガイドラインの手続きなどが遵守されているか否かを判断するために、必要に応じて現地確認を行う。
  • 6.5 内水面水産試験場は、このガイドラインの手続きなどが遵守されているか否かの判断により衛生証明書を発行するものであり、輸出される錦鯉に対する一切の責任は申請者が負うものとする。

書類の提出先
新潟県農林水産部水産課内水面係
新潟県内水面水産試験場病理環境課

新潟地区のコイヘルペスウイルス(KHV)病への取り組み

2013 年 9 月 13 日 金曜日

 2003年11月に茨城県で我が国初のコイヘルペスウイルス病(KHV)が確認されて以来、全国に拡散して、本県でもマゴイにKHVが確認され、散発しながら今日に至っている。
 この事態に対して県水産課、内水面水産試験場、(社)新潟県錦鯉協議会を中心に防疫に努めている。 新潟県農林水産部KHV情報

 本県では2004年からSVCも含めたKHVの検査体制があり振興会新潟地区も積極的に拡散防止、防疫に協力してきました。
 2004年4月、KHV防疫に係わる新潟県農山漁村緊急支援事業(KHVまん延防止の隔離設備を整備して安全な鯉の流通促進を図る。)への協力、新潟地区会員の10名が隔離施設を建設した。

2005年 6月
 中越大地震後、希望者を対象に内水面水産試験場で県外に一時避難して帰郷した錦鯉のKHV検査の実施。

2005年 8月
 越後おぢや農協錦鯉市場、㈲新潟錦鯉市場など新潟県錦鯉市場協議会で錦鯉出荷基準として、出荷者に年2回のKHV検査を義務付ける。 錦鯉市場出荷規定

2005年 10月
 新潟県輸出錦鯉衛生証明書発行に向けての体制作りと検査実施。(新潟県輸出錦鯉衛生証明書発行ガイドラインを参照。)
 本県では振興会員を中心に錦鯉市場基準、または輸出ガイドライン基準に沿ったKHV検査を順次行って防疫に努めています。検査状況は新潟地区会員KHV検査状況をご覧下さい。

2005年 12月
 全日本錦鯉振興会ホームページで輸出ガイドライン基準を合格したリスト登載者を公開。

2005年2月
 KHV病防疫対策の徹底の為、内水面水産試験場が養殖施設を巡回する事業がスタートしました。

2009年3月
 KHV病防疫対策の徹底の為、内水面水産試験場が養殖施設を巡回する事業が5年目を迎えました。延べ616件が指導を受け、防疫に努めています。この事業は今後も継続して行く予定です。

2012年 月
 アークリソース株式会社が開発したKHV交代検査キットの野外評価試験に協力しました。

2013年1月
 輸出相手国からの防疫強化の要求により、農水省が新たな輸出錦鯉衛生証明書発行取扱要領を策定しました。

ワーニング全日本錦鯉振興会新潟地区会員の販売する錦鯉につきましては、定期的な魚病検査を行い疾病対策に万全を期しております。 ただし念のため、ご購入の錦鯉は温度を管理しながら3週間程度隔離飼育したのち、お客様の在来する錦鯉と同居させることをお勧めしています。
All Niigata Shinkokai members are committed to having an inspection regularly and protocol in place to prevent spread of fishery diseases. However, before putting new koi into your pond with others, we would recommend the koi be kept at proper water temperatures and quarantine for 3 weeks to check their health.

 
〒947-0003 新潟県小千谷市ひ生174-1
小千谷錦鯉振興センター内 全日本錦鯉振興会事務局
TEL:0258-83-3345 FAX:0258-83-5757
Top